勝手にタイトル「初めての出会い」

ヒヨコ三匹がお庭を散歩。黄色い瓢箪を発見しました。生まれ来て、見るものすべてが初の出会いとなります。一期一会、私たち、いつもヒヨコの心でありたいものです。

2018年12月27日No.59ワンセンテンスブログ

斉白石「葫蘆小鶏図(ころしょうけいず)」北京画院蔵
東京国立博物館 斉白石展にて撮影

葫蘆とはユウガオのこと、別名はヒョウタンです。
絵の上方から大胆にヒョウタンが描かれ、対照的に黒い小さなヒヨコが愛らしく右下にいます。

真ん中の空白がヒョウタンに包み込まれれたヒヨコを立体的に見せています。

黄色いヒョウタンが黒色の中にあって強く印象的です。

この記事を書いた人

烏山資之

烏山資之

企業で「人の成長」にかかわる仕事に長く携わってきました。

プロフェッショナルとして「人の成長」に関わり続けることをライフワークとし、少しでも誰かの成長のお役に立てればと思っています。

ブログでは、そんな私が学んだこと、気づいたこと、感じたことを発信し、誰かの、何か、前進のヒントになればと思い情報を発信し続けます。

詳しくはこちら