ジョギング習慣、再スタートしました(6月の逐次報告)

№195ランニング雑記

6月は再習慣化に向けてスタート。

月1回の報告記事ではなく、毎回の行動をブログ化することにします。

6月4日(火)仕事からの帰宅は18時30分。

晴れている日、比較的早く帰宅した日は「走らない」という選択肢はないはず。

理屈はそうでも、気持ちは走らない理由を考えようとしています。

月間150㎞走ることを考えると、一日あたり5㎞を走らないと達成できません。

今日は4日なので通算20㎞に達している必要があります。

1日は10.4㎞、3日に10.3㎞、今日までに20.7㎞走っていますので、月間ノルマペースには載っていることから「今日は走らなくても大丈夫かな...」という甘えが帰宅間際まで強くなってきています。

しかし、今日アドバンテージを取っておかないと、明日走れるとは限りません。

やはり走るべきという思いをあえて強くして、帰宅するとすぐ何も考えずにウェアに着替えることだけを考えるようにしました。

着替えてしまうと、走り始めるのは簡単でした。

さっと靴を履いて、ポンと家をでてしまいました。

今日は、5㎞だけにしておこうとショートコースを選択しました。

いざ走り始めると「もう少し」という欲が出て、最終的には約3㎞多く、結果的には7.8㎞のジョギングになりました。

今日の気づきは、「スーツを脱いで部屋着を着るが如くランニングウェアに着替えてしまうと、意識が“ぐん”と前を向く」ということです。

4日目で通算28.5㎞/150㎞になりました。

あれこれ考えず、ひとつひとつ前へ進んでいくのが何よりのようです。

この記事を書いた人

烏山資之

烏山資之

企業で「人の成長」にかかわる仕事に長く携わってきました。

プロフェッショナルとして「人の成長」に関わり続けることをライフワークとし、少しでも誰かの成長のお役に立てればと思っています。

ブログでは、そんな私が学んだこと、気づいたこと、感じたことを発信し、誰かの、何か、前進のヒントになればと思い情報を発信し続けます。

詳しくはこちら