『過ちを観て仁を知る』

2019年1月8日No.71 ワンセンテンスブログで論語です。
失敗をした時の様子を見ていれば、その人がまごころを持った人か、そうでないかが分かるという。
間違いに気づいた時は即座に正して謝ること、絶対に守りたいことです。

論語 里仁第四の七の言葉です。

子曰、人之過也、各於其党、観過斯知仁矣

子曰く、人の過(あやま)つや、各々其(そ)の党(たぐい)に於いてす。
過ちを観て斯(ここ)に仁を知る。

人の過ちや失敗を観察すると、その人がまごころのあるひとかどうか、人を思いやる気持ちの持ち主かどうかがわかるということです。

過ちを認めるのは難しいです。
他の人のせいにしたり、そんなつもりはなかったと言い訳をしたり、自意識が邪魔をして素直になかなかなれません。
ここで謝った方が後々良いことが分かっていてもです。

まず言い訳をしない。
時を置かず謝る。

心して実践したいです。

この記事を書いた人

烏山資之

烏山資之

企業で「人の成長」にかかわる仕事に長く携わってきました。

プロフェッショナルとして「人の成長」に関わり続けることをライフワークとし、少しでも誰かの成長のお役に立てればと思っています。

ブログでは、そんな私が学んだこと、気づいたこと、感じたことを発信し、誰かの、何か、前進のヒントになればと思い情報を発信し続けます。

詳しくはこちら