『知者は水を楽しみ 仁者は山を楽しむ』

2019年1月7日No.70 ワンセンテンスブログで論語です。

自分は知者でありたいのか、それとも仁者でありたいのか、どっちだろうか?

論語の雍也第六の二十一の言葉です。

子曰、知者樂水、仁者樂山、知者動、仁者静、知者樂、仁者壽

子曰わく、知者は水を楽しみ、仁者は山を楽しむ。知者は動き、仁者は静かなり。知者は楽しみ、仁者は寿(いのちなが)し。

知恵あるものは、固定観念にとどまることなく、流れるように物事に対処して、自由な活動で人生を楽しむ。

仁の備わったものは、首尾一貫した考えを持ち、山のように動じることがなく、ゆったりと心穏やかに長生きする。

3年前なら確実に知者を選んでいました。
今はどちらかというと仁者に偏り、迷ってしまいます。

年齢のことがあるからかもしれません。
組織にあっても組織を率いていく立場でなくなったということも大きいでしょう。

今、一番思うことは、人材の育成にかかわっていたいということ。
人の道標として、仁者の如く、揺るがずゆったりとありたいです。

ただ、生きることを楽しむということからは、知者の如く、融通無碍でありたいとも思います。

この記事を書いた人

烏山資之

烏山資之

企業で「人の成長」にかかわる仕事に長く携わってきました。

プロフェッショナルとして「人の成長」に関わり続けることをライフワークとし、少しでも誰かの成長のお役に立てればと思っています。

ブログでは、そんな私が学んだこと、気づいたこと、感じたことを発信し、誰かの、何か、前進のヒントになればと思い情報を発信し続けます。

詳しくはこちら