立花Be塾、第2講の最大の収穫はブログ習慣化の取り組みに間違いがなかったことを確認できたこと

第1講(2018年10月20日)から約1ヵ月、第2講(2018年11月17日)は、この1ヵ月の試行錯誤の確認ができました。「質より量より更新頻度」を心にとめて、ブログの習慣化のためのワンセンテンスブログをスタートさせました。

「小さな習慣」(スティーブン・ガイズ著)に刺激を受けて、1日に一文だけのブログの投稿です。何とか続けてはいるものの、心の中で引っかかっていたのは、「これで本当にいいのか?」というものでした。

筋トレと同じ、まずは「小さな習慣」からという理屈は腹落ちしたはず、「楽」に「楽しく」ということもわかっているのに、喉に小骨が引っかかっている状態でした。

引っかかっている小骨の正体は「自分にとって意味のあるものを投稿したい」「ワンセンテンスの中に“何か”思い込めたい」というという欲求です。

「こだわり」やポリシーのようなものを欲している自分がいるということでした。

今回の第2講を受けて、小骨が少し外れかかっているのを感じています。

やることで「スッキリ」「さっぱり」「自己肯定感アップ」

ワンセンテンスブログが続いている要因は、朝通勤で会社に着くまでに投稿を済ませることにあります。

できたその日はブログ義務感から解放。スッキリ、さっぱりと憂いなく仕事に専念できる、夜もゆっくりフェードアウトできる感が味わえます。

この充実感が継続を支えています。

「できたらプラス加点、できなかったことで自分を責めない」

自分の中ではそう考えようと思っていながらも、できなかった日は嫌な思いをしていました。

第2講で改めてタチさんから言ってもらうことで、他者から認められたという安心感が広がりました。

3年続けるということをマイルストーンにするならば、優先順位を意識しつつ“ゆるく”続けないともたないです。

「苦行」にしないという言葉が心に刺さりました。

普段の生活、忙しく生きていることが100点。それに新しい習慣が加わって150点、200点ですね!

「小さな習慣」+「なりたい自分チャレンジ」+「なりたい自分プロフィール」

ここ1ヵ月間は「小さな習慣」をどのように習慣化するか?にこだわっていました。

第2講の受講によって「なりたい自分」を習慣の中に入れ込むことにこだわることに気づきました。

この気づきが、喉の小骨を胃に流し込むきっかけになりそうです。

「好きなこと」を書くということも思いついたことを「好き勝手」に何でも書くと解釈していました。

「好きなこと」を「こだわっていること」へと解釈し直した瞬間にスッキリ感がありました。

さらに「この分野にこだわっている人」を発信し続けることがパーソナルブランディングになるということも理解できました。

第2講のストーリーすべてが自分の中へ入っていくのを感じました。

「あるがまま」ブランドが大切なことは言うまでもありません。プロフィールを見直すことにします。

第3講はどんな展開になるのか、楽しみです。

この記事を書いた人

烏山資之

烏山資之

企業で「人の成長」にかかわる仕事に長く携わってきました。

プロフェッショナルとして「人の成長」に関わり続けることをライフワークとし、少しでも誰かの成長のお役に立てればと思っています。

ブログでは、そんな私が学んだこと、気づいたこと、感じたことを発信し、誰かの、何か、前進のヒントになればと思い情報を発信し続けます。

詳しくはこちら