時代の変化に心を開き、明日に生きる人間になる、ジャック・ウェルチの言葉

№186ワンセンテンスブログ

ジャック・ウェルチ、GE(米国・ゼネラル・エレクトリック社)の1981年から2001年まで最高経営責任者CEOを勤め、「伝説の経営者」と呼ばれる)の言葉を取り上げました。

当時、「リストラクチャリング」「ダウンサイジング」「M&A」などの事業再編手法を大胆に使い、「世界で1位か2位になれない事業からは撤退する」という言葉で代表される辣腕で知られました。

強力なリーダーシップは多くのリーダーシップ論で語られましたが、その強引さからか、現在では取り上げられることが少なくなりました。

・今日のワンセンテンス

『過ぎ去ったことは、もうどうにもできない。正しかろうと間違っていようと、良かろうと悪かろうと、どうにもできない。過去から学ぶものはあるが、大して役には立たない。私は明日に生きる人間であり、昨日から抜け出そうと懸命に努力する人間である』

『過去にとらわれるな。変化に心を開け』

出典『ウェルチ リーダーシップ31の秘訣』(著ロバート・スレーター、訳仁平和夫、日経ビジネス文庫)

「平成」から「令和」へ変わりました。

令和の時代を迎え、今何が起きようとしているのか、時代の変化に目を向けて、新しい時代を生きるために行動する、彼の言葉から思い起こしました。

この記事を書いた人

烏山資之

烏山資之

企業で「人の成長」にかかわる仕事に長く携わってきました。

プロフェッショナルとして「人の成長」に関わり続けることをライフワークとし、少しでも誰かの成長のお役に立てればと思っています。

ブログでは、そんな私が学んだこと、気づいたこと、感じたことを発信し、誰かの、何か、前進のヒントになればと思い情報を発信し続けます。

詳しくはこちら