「幸」は罪人にはめる「手枷(てかせ)」の象形文字!

2019年1月4日No.67ワンセンテンスブログ
殷の時代に手枷をはめられる程度の軽い刑罰で運が良かったという意味。
今にあっては、外なる人間関係に囚われる中で、内なる世界の中に求め感じる「充足感」を指しています。

この記事を書いた人

Avatar photo

西口満

「気づきによる学び、自ら成長する」を支援し、ひとりひとりのウェルビーイングの実現と生産性の高い職場のチームづくりを行い、企業や社会の発展に貢献する

ビジネスリーダー育成コーチ、
人事戦略のコンサルティングをしています。

プロフェッショナルとして「人の成長」に関わり続けることをライフワークとし、少しでも誰かの成長のお役に立てれば幸いです。

ブログでは、そんな私が学んだこと、気づいたこと、感じたことを発信し、誰かの、何か、前進のヒントになればと思っています。

これからも情報を発信し続けます。

詳しくはこちら