漠然とした目標に対してまずできることから始めるための質問

2019年1月31日No.94 ワンセンテンスブログ
リーダーシップ力、コミュニケーション力の向上、時間の使い方を要領よくしたい、などなど。

漠然と良くしたい、定性的な目標に対して何から始めてよいのか、わからないまま時が経ってしまうことはよくあります。

そんな時、こんな質問を自分に投げかけてみてはいかがでしょうか?

「目標に対して今の状態は100点満点で何点ぐらいですか?」

「その点数を、あと1点上げるために今から始めることができそうなことは何ですか?」

定性的な目標に対して、定量化のイメージを作ることができるので、目標の具体化への一歩が踏み出せます。

「あと1点」で具体的なスモールステップが設定されるので、即座に行動につながります。

コツは適当でもなんでも、まずは現在の状況を定量表現してみること。

そこからインスピレーションを引き出しましょう。

10点満点で何点?でも良いですし、達成に対して何パーセントぐらい?富士山登山で何合目ぐらいのところを歩いているイメージ?こんな表現もありでしょう。

この記事を書いた人

烏山資之

烏山資之

企業で「人の成長」にかかわる仕事に長く携わってきました。

プロフェッショナルとして「人の成長」に関わり続けることをライフワークとし、少しでも誰かの成長のお役に立てればと思っています。

ブログでは、そんな私が学んだこと、気づいたこと、感じたことを発信し、誰かの、何か、前進のヒントになればと思い情報を発信し続けます。

詳しくはこちら