ブログ記事投稿150記事目になりました

ブログ更新のペースは遅いですが、2018年10月30日に決意してから毎日欠かさず更新し、ようやく通算150記事目になりました。

ワンセンテンスブログとしては2019年2月26日 №120となります。

思えば、2018年夏に仕事上のキャリアが一区切りすることもあり、人材育成の仕事をバージョンアップ、次に進むために何かを始めたいと持っていました。

そんな中Facebook、SNSを意識し始めた時、本屋でたまたま出会った本『「好き」と「ネット」を接続するとあなたに「お金」が降ってくる』(立花岳志 著)がきっかけでブログを始めました。

まずは、Amebaでのブログの登録から始め、いくつかアップしましたが、きちんとしたいという思いがあり、そのためにはプロのちゃんとした手ほどきを受けるのが近道だと思い、ワードプレスのスタートアップ講習会、立花Be塾へ参加することになりました。

ブログそのものはこれといった内容もなく、「質より、量より、更新頻度」の教えを胸に刻み、「ワンセンテンスブログ」と称して毎日短文(最近は引用した一文に対するコメント)を続けていることだけです。

ブログを始めてからの一番の変化は周囲への注意の向け方が変わったことです。

以前と比べてよりアンテナが立っているというか、自分の身の回りのことでブログ記事になるのではないか?という見方をするようになりました。

道を歩いている時に店の看中の面白さに気づいたり、景色が面白い、綺麗だなと思えばアイキャッチ用の写真を撮ったり、テレビで誰かが話していれば、寄せての自分の意見を考えてみたり。

普段ぼやっと生活しているようで、本当はその都度心は動いているわけで、そこに意識をきちんと対象物にきちんと向けることで自分の心を味わうことができるようになりました。

年を取ると時間が早く過ぎると言います。

仕事をしていると一週間はアッという間に過ぎます。お正月だと思ったらもう2月も終わり。春に向けての話題もテレビで見られるようになってきました。

子供は成長途上で毎日が新しい体験だらけ。日々の出来事をしっかり覚えています。
大人は歳を重ねると毎日から新鮮さがなくなり、新しい気づきがなくなることから、日常に埋もれてしまい、昨日の記憶ですら定かではありません。

ブログを始めてから、時間に対する感覚が少し変わったように感じられます。

忙しさは変わらないままに、けっして余裕ではないのですが、”豊かさ”のようなものを感じるようになりました。

ブログのおかげで、日常から紡ぎ出すものが増えたのかもしれません。

まだ、たった150記事を数える程度ですが、確かな手応えを感じ始めています。

これからも地道に継続していきたいと思います。

この記事を書いた人

烏山資之

烏山資之

企業で「人の成長」にかかわる仕事に長く携わってきました。

プロフェッショナルとして「人の成長」に関わり続けることをライフワークとし、少しでも誰かの成長のお役に立てればと思っています。

ブログでは、そんな私が学んだこと、気づいたこと、感じたことを発信し、誰かの、何か、前進のヒントになればと思い情報を発信し続けます。

詳しくはこちら