勝手にタイトル「溢れる菊三輪」

満開の菊花が三輪、壺に活けられています。壺の口が小さいのか、花、葉が溢れ出ています。
滲む色彩に紅の菊の輪郭が鮮やかでどっしりとした存在感があります。
2018年12月25日No.57ワンセンテンスブログ

斉白石「延年酒図」北京画院蔵
東京国立博物館 斉白石展にて撮影
実は酒壺に菊花を入れている菊花酒を題材にしています。中国では長寿に効能があるそうです。

この記事を書いた人

Avatar photo

西口満

「気づきによる学び、自ら成長する」を支援し、ひとりひとりのウェルビーイングの実現と生産性の高い職場のチームづくりを行い、企業や社会の発展に貢献する

ビジネスリーダー育成コーチ、
人事戦略のコンサルティングをしています。

プロフェッショナルとして「人の成長」に関わり続けることをライフワークとし、少しでも誰かの成長のお役に立てれば幸いです。

ブログでは、そんな私が学んだこと、気づいたこと、感じたことを発信し、誰かの、何か、前進のヒントになればと思っています。

これからも情報を発信し続けます。

詳しくはこちら