あなたはどんなリーダーシップのカタチを目指しますか?

№242 会社の上司からは、「リーダーシップを発揮しろ!」「リーダーとして先頭に立て、率先垂範だ」といったことを言われ、さてどうしたものかと悩んでしまう人も多いではないでしょうか。

研修講師として、登壇しているとこんな悩みを抱えている人たちと多く出会います。そんな時、私は次のようにお話をさせていただきます。

「リーダーとは、先頭に立ってぐぃぐぃ引っ張っていく人であるとは限りません。」

Wikipediaによると、「指導者としての資質・能力・力量・統率力」とあり、一例として「自己の理念や価値観に基づいて、魅力ある目標を設定し、またその実現体制を構築し、人々の意欲を高め成長さながら、課題や障害を解決する行動」(グロービスMBA経営辞書より)をあげています。

P.F.ドラッカーは著書「現代の経営」において、「リーダーシップは資質ではなく仕事である」としており、信頼して付き従う者がおり、遂行すべき責任を全うする、リーダーシップを仕事そのものとして捉えています。

リーダーを付き従うフォロワーの存在はありますが、定義の上では必ずしも「ぐぃぐぃと引っ張っていく人」とはならないようです。

英語でのLeaderという言葉から、カリスマ的資質によってメンバーを引っ張っていくイメージが強いですが、決してそのようなものではなく、誰でも取り組むことができる仕事であり、誰でも身に着けることができる能力と言えそうです。

他には、「明確なビジョンと目標を示し、メンバーの成果を最大化させることによって目標達成を実現させる能力」や「集団に目標達成を促すように影響を与えられる能力、行動、ふるまいのこと」などと定義することもできます。

リーダーシップを「目標達成を促す影響力」とする定義もあります。

組織環境の整備や組織能力最大化のためのチームビルディングもリーダーの仕事です。

メンバーの前に立って引っ張る率先垂範のリーダーシップもひとつのカタチだと思いますが、メンバーの周囲にあってメンバーの行く手を阻む障害を取り除く環境整備型のリーダーシップもあります。

メンバーの横に寄り添い励ましながら伴走するリーダー、後から背中をそっと押す支援型のリーダーもあります。

サーバント型と呼ばれるものです。

あなたのリーダーシップスタイルはとんなものですか。

私は、それぞれが自分の得意なリーダーのカタチを目指せばいいと考えています。

この記事を書いた人

烏山資之

烏山資之

企業で「人の成長」にかかわる仕事に長く携わってきました。

プロフェッショナルとして「人の成長」に関わり続けることをライフワークとし、少しでも誰かの成長のお役に立てればと思っています。

ブログでは、そんな私が学んだこと、気づいたこと、感じたことを発信し、誰かの、何か、前進のヒントになればと思い情報を発信し続けます。

詳しくはこちら