自分を客観視するということ、ニーチェの言葉より

2019年4月22日 №174ワンセンテンスブログ

約束を果たさない他人には非難を向ける。

約束を果たさない自分には「しかたない」と擁護する。

自分とは勝手なもので、すぐに自分のことを棚上げする。

ニーチェの言葉:自分を遠くから見てみる

おおかたの人間は、自分に甘く、他人に厳しい。
どうしてそうなるかというと、自分を見るときにはあまりに近くの距離から自分を見ているからだ。そして、他人を見るときは、あまりにも遠くの距離から輪郭をぼんやりと見ているからなのだ。
この距離の取り方を反対にしてじっくりと観察するようにすれば、他人はそれほど非難すべき存在ではないし、自分はそれほど甘く許容すべき存在ではないということが分かってくるはずだ。
『さまざまな意見と箴言』

自分に甘いということ

誰でも自分はかわいいし、ひいき目にみてしまう、当たり前のことです。

なぜ自分に甘くなってしまうのか?

自分との距離が近すぎるからだとニーチェは言う。

自分を非難しようにも、自分のことは自分が一番良く知っているので、いくらでもやむを得ない事情を斟酌することができる。

一番身近な存在である自分には愛着もあり、同情もあり、憎み切ることはできない。

他人に厳しいということ

なぜ、他人には厳しくなってしまうのか?

他人に対しては、あまりに遠くの距離から輪郭をぼんやりと見ているから、とニーチェは言う。

つまり、自分ほどによく知らないので、事情の斟酌ができない。

他人に対しては、それほど愛着なく、同情するにも限定的で、簡単に嫌いになれる。

ほどよく距離をとる

ニーチェは、自分と他人との距離の取り方を反対にせよ、と言う。

自分に対しては、もっとよく観察し、斟酌し過ぎないように気を付けて、自分に毅然とした態度をとる。

他人に対しては、もっとよく観察し、斟酌すべき点を観察し、やさしく見てあげる。

いずれにしても、よく観察し、客観視することを勧めているようです。

私はさらに少し違って、もっと他人に対して寛容であれ!というメッセージを受けたように感じました。

この記事を書いた人

烏山資之

烏山資之

企業で「人の成長」にかかわる仕事に長く携わってきました。

プロフェッショナルとして「人の成長」に関わり続けることをライフワークとし、少しでも誰かの成長のお役に立てればと思っています。

ブログでは、そんな私が学んだこと、気づいたこと、感じたことを発信し、誰かの、何か、前進のヒントになればと思い情報を発信し続けます。

詳しくはこちら