「傘の窓 滴滴流るる 朝時雨 」ワンセンテンスブログ俳句シリーズ第2週

2018年12月17日 No.49 朝から雨、ビニール傘には雨粒が流れ、傘越しには曇り空が広がっています。

この記事を書いた人

烏山資之

烏山資之

企業で「人の成長」にかかわる仕事に長く携わってきました。

プロフェッショナルとして「人の成長」に関わり続けることをライフワークとし、少しでも誰かの成長のお役に立てればと思っています。

ブログでは、そんな私が学んだこと、気づいたこと、感じたことを発信し、誰かの、何か、前進のヒントになればと思い情報を発信し続けます。

詳しくはこちら