優先席 ポツリと栗の 老婆かな

2018年11月21日、No.23 ワンセンテンスブログ、地下鉄の空いた優先席の端、ひとりの老婆が風呂敷を抱えて、小さく丸まって眠っている様は、さながら座席の上に置き忘れの栗ひとつのようでした。

この記事を書いた人

烏山資之

烏山資之

企業で「人の成長」にかかわる仕事に長く携わってきました。

プロフェッショナルとして「人の成長」に関わり続けることをライフワークとし、少しでも誰かの成長のお役に立てればと思っています。

ブログでは、そんな私が学んだこと、気づいたこと、感じたことを発信し、誰かの、何か、前進のヒントになればと思い情報を発信し続けます。

詳しくはこちら